おすすめ本

日頃読んでいる本を忘れないよう書き留めています。カテゴリに索引がありますので、そちらからどうぞ!
 
 
カテゴリー
リンク
グーパーウォーク
最近のコメント
最近のトラックバック
こどもの本

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラストワンマイル 著:楡 周平 

今までいろいろな本についてご紹介してきましたが、私にとってこの本が一番感動したというか、心を奮わせてくれた本かも知れません。ビジネスマンの方にグッとくる本だと思います。
少し前の社会経済を舞台にしています。ITベンチャーのなりふり構わない企業買収、それから郵政民営化に伴う既存運輸業者への恐怖。その状況の中、一運輸業者の暁星運輸が郵政へ対向し、下請けに甘んじていたビジネスモデルをひっくり返して、形勢逆転に躍り出る様が描かれています。



(あらすじ)
郵政民営化による影響で瀕死の状態に陥っている運輸業者「暁星運輸」があった。今まで築き上げてきた配送網が音を立てて崩れ落ちてきた。いち早く各コンビニの宅配業務を手掛けてきたが、国費で構築してきたシステムを全面に押し出し、圧倒的規模によるボリュームディスカウントで安価な費用で郵政が参入してきた。コンビニ各社は体の良いご託を並べて、郵政に乗り換える。そんな最中、更なる悪い知らせが入り込んだ。ITベンチャーが手掛けた「蚤の市」と言うネット通販だ。社長の竹村は、ネット通販の立ち上げこそ配送業を暁星運輸にパートナーとお願いしていたが、軌道に乗ってきた今、今までの恩は返したと言い、不当な値下げを勧告してきた。もちろん、暁星運輸は反発した。が、もうどうにもならない状況まできてしまった。
そこで、暁星の課長、横沢は部長の寺島のもと、新たなビジネスモデルの模索を始める。横沢はあることを切っ掛けに、暁星でネット通販を始めようと言い出した。しかも、出店料無料で。出店料をとって生計をたてている「蚤の市」には脅威となると考えた。出店料無料とはどういうことか。それは、配送業を暁星運輸が一手に引き受けるからなせる技だ。「蚤の市」には逆立ちしたって真似できない。しかし、最初寺島はこの話を良しとしなかった。初期投資がかかりすぎたからだ。そこで、横沢は数人の仲間といっしょに実現可能な企画書の作成に入る。
そのころ、竹村は新たなビジネス形態を構築しようと目論んでいた。メディアとの融合だ。少し前、ライブドアや楽天がテレビ会社に仕掛けた買収劇のそれだ。これといって資産を持たないIT企業は、株価至上主義、バブルで膨れ上がった時価総額を武器にし、極東テレビの株買い占めを始める。しかし、この戦略が最終的に竹村自身を地におとしめるとは気づきもしなかった。
横沢たちは、検討を始めたが、最初の段階でいくつも高いハードルがあることに気づく。しかし、一つずつ知恵を絞り出し合ってクリアして行く。そして、遂に寺島を納得させるまでに至る。さらに、寺島の提案で、「蚤の市」の買収攻撃にあっている極東テレビとの業務提携を考えだした。テレビショッピングとの提携である。極東は、一にも二にもそのはなしに飛びついてきた。お互いの思惑が完全にマッチした企画だ。これを知った竹村は、まさに暴走を始め、存亡の危機のカウントダウンが始まった。



ユーザーと直接つながる道を握る運輸業、まさにラストワンマイルを牛耳るものが支配権を握る。そうしたことに、ようやく運輸業が気づき飛躍する道を開拓し、その部分に気づくのが遅かったITベンチャーが崩壊していく。その一部始終を堪能することが出来るこの本を是非読んでみてください。個人的には、絶賛に値すると思っています。また、この本に登場する言葉も、私の心に響きました。

 安定は情熱を殺し、緊張、苦悩こそが情熱を産む

これ、自分の座右の銘にしたいくらいです。


ラスト ワン マイルラスト ワン マイル
(2006/10/26)
楡 周平

商品詳細を見る

ブログランキングに参加しています。
みなさんの応援が継続の力となります。1クリック応援よろしくお願いします!

 にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ 



スポンサーサイト
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
 
http://recommendedbooks.blog47.fc2.com/tb.php/65-723c7d6c
ブログ内検索
FC2カウンター
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2017年11月 | 12月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


通信販売
Blogで紹介!
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。