おすすめ本

日頃読んでいる本を忘れないよう書き留めています。カテゴリに索引がありますので、そちらからどうぞ!
 
 
カテゴリー
リンク
グーパーウォーク
最近のコメント
最近のトラックバック
こどもの本

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

絵本 たった さんびきだけの いけ 作:宇治 勲 

こどもたちにありがちな、「自分勝手」「わがまま」「自己中」をキーワードにしたお話です。なかなか良いお話でした。



(あらすじ)
登場人物は、カメとおたまじゃくしとさかなで、小さな池にその三匹だけで暮らしていました。その場その場で相手の気持ちなど考えずに、自分中心に第三者を巻き込みながら振る舞うおたまじゃくしは、ある日、陸でも生きていけるカメのことを仲間はずれにしました。カメはそれからいつもしょんぼりしていました。しばらくたったある日、おたまじゃくしに異変が起きました。そう、足がはえ手がはえ、とうとうカエルになったのです。そうなると、今度は水の中にしか住めないさかなを仲間はずれにし始めました。
その年の夏はあつく、雨が一滴も降らず、池の水は瞬く間に少なくなっていきました。見ると水の中でしか生きられないさかなが、たいへん苦しそうにしていました。それを見てカエルは、さかなのことを思い、今までの身勝手さを反省しました。なんとかして助けよう。カエルは、隣の川の水を引こうとひたすら一生懸命穴を掘り始めました。願いかなって、池には水があふれ、三匹は仲良く暮らしました。



いじめはほんと些細なことで起きるもの。相手の気持ちをちょっと考える時間を持てば防げたのに、いつしか周りまでもそのいじめに参加してる。相手への心遣いを大切にしたいものです。

たったさんびきだけのいけ (PHPにこにこえほん)たったさんびきだけのいけ (PHPにこにこえほん)
(2007/04/03)
宇治 勲

商品詳細を見る

ブログランキングに参加しています。
みなさんの応援が継続の力となります。1クリック応援よろしくお願いします!
 にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ 

スポンサーサイト
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
 
http://recommendedbooks.blog47.fc2.com/tb.php/41-396c2510
ブログ内検索
FC2カウンター
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2017年11月 | 12月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


通信販売
Blogで紹介!
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。