おすすめ本

日頃読んでいる本を忘れないよう書き留めています。カテゴリに索引がありますので、そちらからどうぞ!
 
 
カテゴリー
リンク
グーパーウォーク
最近のコメント
最近のトラックバック
こどもの本

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タックス・シェルター 著:幸田 真音 

幸田真音さんの「タックス・シェルター」をご紹介しようと思います。
タックスシェルターとは、「租税回避」のことで、如何に支払う税金を少なくするか、支払わなくてよい方法を考えるかと言うことです。この本では、「税金とは」と考えさせられる内容になっています。



(あらすじ)
主な登場人物は、谷福証券財務部長 深田と深田に金関係でまとわりつく坂東、国税局調査官 宮野。深田は谷福証券社長に大変かわいがられ、二人の間に誰にも知られてはならない秘密があった。ところが、その秘密の処遇を福田に伝えないまま社長は、突然脳溢血で倒れそのまま帰らぬ人となった。その秘密とは、「ケイマンにある海外法人」。いわゆる、租税回避としてのペーパーカンパニーだ。そこにかなりの金額を残し、深田に管理をさせたまま社長がいなくなってしまった。幸い、この会社は社長個人のもので、谷福証券とは関係のないものだった。ところが、ある事により谷福証券の資産が入り込んできた。ある事とは、社長が趣味で買い集めていた絵画(会社資産)の売却で、オークションで落札された際、購入資金の一部をこの海外法人へ入金する事が条件だった。その売却の手伝いをしたのが坂東だ。深田は、坂東へこの資金処理について相談すると、別の法人を建てそこに転送する事を提案してきた。マネーロンダリングだ。その際、坂東は条件をつけてきた。一時的にケイマンにある資金を運用させて欲しいと。坂東の知人 稗田がリスクの高いFXや原油商品先物で運用し、結果的に元資産の倍以上に膨れ上がった。こうなると、人間欲が出てくる。坂東が深田と稗田の3人で、運用益分を山分けしようといい始め、なかなか踏ん切りがつかなかった深田も、半ば坂東たちに押し切られる形で香港に口座を開き、そこに資金転送してしまった。
そのころ、谷福証券は国税局による調査を受けており、深田はこの件がバレルのではとやきもきしていたが、そこは財務部長、抜かりない処理をしていた為に、特に指摘なく調査を完了した。このとき、深田はある切っ掛けで調査官であった宮野と親しくなる。しかし、この時点から転落へと導かれ、取り返しのつかない結末へと向かう。

つづきは、ぜひ本を読んで。


外為証拠金取り引き(FX)や商品先物など金融知識を触りでも持っていた方が、この本は読みやすいと思います。知識がないと厳しいかも。また、この本の魅力として、深田と宮野、そして宮野の娘いづみの人間関係があります。金への欲望と人間ドラマを同時に堪能できます。
しかし、結末はあまりにあっけなく、そして中途半端だったため、すっきりせず不満が残っています。尻切れとんぼ状態だ。

タックス・シェルタータックス・シェルター
(2006/09)
幸田 真音

商品詳細を見る

ブログランキングに参加しています。
みなさんの応援が継続の力となります。1クリック応援よろしくお願いします!

 にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ 

スポンサーサイト
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
 
http://recommendedbooks.blog47.fc2.com/tb.php/40-3b67ea2e
ブログ内検索
FC2カウンター
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2017年11月 | 12月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


通信販売
Blogで紹介!
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。