おすすめ本

日頃読んでいる本を忘れないよう書き留めています。カテゴリに索引がありますので、そちらからどうぞ!
 
 
カテゴリー
リンク
グーパーウォーク
最近のコメント
最近のトラックバック
こどもの本

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

絵本 川をわたるぺぺ 作:ヒサクニヒコ 

恐竜の生活を題材にしたおはなしです。内容的には残酷なものですが、恐竜が生き抜いていく為にどのようにしていたかを教えてくれます。これは、恐竜だけでなく、現在生きている動物全てに言えることです。立場の弱い恐竜が生き延びていく為には、つねに犠牲者がいる。子供たちに、弱肉強食という世界を教える為の一つの教材として適しているかもしれません。



(あらすじ)
ぺぺ(イグアノドン)たちの群れは、新しいえさ場を求めて移動していました。その途中、川を渡ることを余儀なくされました。しかし、川の所々や向こう岸にワニがいて、なかなか進めません。そこに、一匹の勇敢な若者が先頭を切って進んでいきました。しかし、やはりワニに囲まれ襲われてしまいます。そのすきを見て、後続の仲間たちが川を渡ります。ぺぺたちもそれに続きました。途中、おじさんが足を滑らせてしまいます。そこをワニたちが狙ってきました。ペペたちは、おじさんのおかげで無事渡りきることが出来ました。でも、新しいえさ場も安心できる場所ではありません。いつ肉食恐竜が狙ってくるかもしれないのです。

川をわたるペペ (きょうりゅうペペのぼうけん)川をわたるペペ (きょうりゅうペペのぼうけん)
(2006/06)
ヒサ クニヒコ

商品詳細を見る

ブログランキングに参加しています。
1クリックお願いします。

 にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ 

スポンサーサイト
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
 
http://recommendedbooks.blog47.fc2.com/tb.php/34-cec1c85c
ブログ内検索
FC2カウンター
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2017年11月 | 12月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


通信販売
Blogで紹介!
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。