おすすめ本

日頃読んでいる本を忘れないよう書き留めています。カテゴリに索引がありますので、そちらからどうぞ!
 
 
カテゴリー
リンク
グーパーウォーク
最近のコメント
最近のトラックバック
こどもの本

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クレイジーボーイズ 著:楡 周平 

楡周平氏の比較的新しい作品をご紹介いたします。昨年書かれた「クレイジーボーイズ」です。

話の核となる部分は、「特許権」と「石油」です。本書で登場する特許とは、「水素自動車の画期的な燃料タンクの開発」で、これを搭載した水素自動車が今のガソリン自動車へ置き換わったら、クリーンな燃料である為環境問題が一気に改善されます。それ以外にも、資源国に頼らず自国で水素プラントを建設すれば燃料がまかなえるため、そのインフラ整備として内需が拡大し経済効果が見込めます。また、石油の利権を巡って、中東諸国に影響力を及ぼそうと、紛争の火種をまき散らす連中を無力化でき、結果的に中東に平和をもたらすことが出来ます。
しかし、世の中にはこれを快しと思わない人たちがいるのです。まずは、オイルメジャー。儲けとなる石油が売れなければ、今まで築き上げたものが一瞬で崩壊してしまいます。そして、軍もまた容認できないでしょう。オイルメジャーから多額の献金を受けており、また中東に平和が訪れてしまったら、軍事産業そのものが成り立ちません。中東の紛争は必要悪ということです。
これを背景として、ある殺人事件が発生し、その息子の犯人探しが始まります。



(あらすじ)
柴山教授は、オリエンタル工機での研究の結果、画期的な水素燃料タンクを開発し特許を取得した。しかし、よく会社と社員で争われる「特許権の持ち主」問題となり、5年もの間法廷の場で争ってきた。ところが、裁判も大詰めで最高裁まで審議が進んでいる最中、柴山教授は何者かに殺されてしまった。しかも、人には言えないような行為の果ての無惨な殺人だった。プレイ中の事故を隠滅する為に海中に投げ込まれたのだ。柴山教授は、特殊な性癖の持ち主で、「ゲイ」だったのだ。
たった一人の遺族である息子 哲治もそれを知った時は衝撃的だった。しかし、いろいろな葛藤があるにせよ、唯一の肉親が殺されたのだ。しかも、莫大な金が渦巻く訴訟中という時期にだ。哲治は学校の仲間、それから柴山教授の訴訟費用をバックアップしてきた環境保護団体「グリーンシーズ」のメンバーの協力を得て、犯人を追求するため、随分と大胆な方法に打って出た。その方法とは・・・



読んでいる最中は、「なんでこんな方法で強行突破するのだろう」と思っていましたが、最後の展開がしっかりとしていたので、不満が帳消しとなりました。読まれていない方は、何のことだか分からないと思いますので、是非読んでみてください。おもしろい本です。

クレイジーボーイズクレイジーボーイズ
(2007/08)
楡 周平

商品詳細を見る

ブログランキングに参加しています。
みなさんの応援が継続の力となります。1クリック応援よろしくお願いします!

 にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ 

スポンサーサイト
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
 
http://recommendedbooks.blog47.fc2.com/tb.php/30-fbf1acf9
ブログ内検索
FC2カウンター
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2017年11月 | 12月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


通信販売
Blogで紹介!
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。