おすすめ本

日頃読んでいる本を忘れないよう書き留めています。カテゴリに索引がありますので、そちらからどうぞ!
 
 
カテゴリー
リンク
グーパーウォーク
最近のコメント
最近のトラックバック
こどもの本

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジェノサイド 著:高野 和明 

年末年始に少し時間が取れたので、前々から読んでみたかった本にようやく手を付けることができました。
「30万部突破!」のベストセラーとなっており、また、本屋の宣伝文句からも相当期待してました。

読み始めてすぐに本の世界へ引き込まれていきました。あっという間でした。
期待通り、いやそれ以上の面白さです。好きな作家、楡氏と同等です。
エンターテイメント小説の中でも群を抜いている感じです。

読んでいくと、謎がテンポよく次々と現れ、どんどん読み進みたくなる展開。
それでいて、謎が謎を呼び結局なにがどうなっているかわからなくなる小説と違って、頭の中で明瞭に世界を描けるのです。
ですので、本なのに映画を見ているようでした。

また、専門的な内容もかなり詳細に調べられている感じで、それでいてわかりやすかったです。

話の締めくくりもすがすがしい気持ちで迎えられ、読み切ったという充実感いっぱいになります。
ぜひぜひ、読んでみてください。



(概要)
「超現生人類が表れたとき、現生人類の生存は危ぶまれる」という報告書が、何年も前にアメリカで報告されていた。
そして、それと推測できる事実がアフリカのコンゴで出現しているかもしれないと、アメリカが察知した。
アメリカが一番恐れていること、それは「暗号の解読を容易に行うこと」。
現在の暗号は、素数を利用したもの。素数は、1かそれ自身の数でしか割り切れない数のこと。
ただ、現生人類では、素数を容易に割り出す規則性を見つけられていない。
暗号は、それを利用して成り立っている。
つまり、素数が容易にわかってしまう者が現れたら、現在のITは丸裸同然になるため、アメリカは非常に恐れている。

コンゴにそれに該当する生物が誕生した可能性があった。
アメリカは直ちに、そして極秘中の極秘で、その生物の抹殺作戦を開始した。



ジェノサイドとは、、「大量虐殺」の意味。
アフリカの内戦場が舞台となっており、ジェノサイドの場面が多数あらわれます。


この本は、超現生人類と現生人類との知恵比べとなっています。
さぁ、どちらが勝つか!?勝敗は如何に!?



みなさんの応援が継続の力となります。1クリック応援よろしくお願いします!
 にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ blogram投票ボタン
スポンサーサイト
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
 
http://recommendedbooks.blog47.fc2.com/tb.php/175-4bb0ffbd
ブログ内検索
FC2カウンター
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2017年11月 | 12月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


通信販売
Blogで紹介!
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。