おすすめ本

日頃読んでいる本を忘れないよう書き留めています。カテゴリに索引がありますので、そちらからどうぞ!
 
 
カテゴリー
リンク
グーパーウォーク
最近のコメント
最近のトラックバック
こどもの本

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

部下は育てるな!取り替えろ!! 著:長野 慶太 

先日、おすすめ本紹介でこの本を取り上げました。その時はまだ読まずにいましたが、最近購入して読み始めています。読み切ってから報告しようかと思いましたが、なかなかおもしろく触りだけでも書き込みしようと考えました。

タイトルは過激ですが、中身は全部に納得するわけでありませんが、共感する部分や一理あるなと思うところが多々あります。
この本の鍵となる部分をご紹介します。

1.部下は自分で育つものだから、育てようとはしない。
2.部下を育てることではなく会社の業績を上げつことが使命だから、「部下が自分で育つような環境」作りには全力を尽くす。
3.部下の作業ボリュームをいつも把握するとともに、さまざまなチャンスを与える。
4.失敗しそうになってもそこで仕事を取り上げない。失敗させてみる。
5.そしてもう一度チャンスを与える。
6.その際も教えない。自分でやり方を創造させる。
7.叱る。決して怒鳴らない。
8.「褒める」ツールを活用する。
9.怒鳴らなければならないような時は、怒鳴る前に「部下を取り替える」

以上が、この本で言われている「上司力革命」です。
このうち2から8は非常に共感できます。しかし、1にある部下を育てない、教えないは少し違うような気がします。違うというのは、この本で言っている内容自体がそもそも広義の意味で育てると言うことだと思うからです。2で言っている、「育つような環境作りに専念する」がまさにそれで、教えるとは何も手取り足取り指導するだけではありません。目的へアプローチできるような補佐程度のことでも十分です。
やはり、上司たるもの部下を使い物になるようにしなくては、会社業績を上げることなどできやしません。
本の中では各項目について細かく説明されているので、ぜひ読んでいただければと思います。読んで損はありません。ビジネスマンであれば。

最後に自分の会社には非常に頭が痛い話を紹介します。

あなたの会社は「当社はノー残業デーを設けています」と胸を張っていってませんか?
これは裏を返せば、
”残業をしない日を定めた会社”などということは、そうしなければ残業時間さえコントロールできない会社、つまり、”管理無能力”な会社であることを暴露しているようなものである。

たしかに、一理あると思う。

部下は育てるな!  取り替えろ! !   Try Not to Develop Your Staff (光文社ペーパーバックス)部下は育てるな! 取り替えろ! ! Try Not to Develop Your Staff (光文社ペーパーバックス)
(2007/09/22)
長野 慶太

商品詳細を見る

ブログランキングに参加しています。
1クリックお願いします。

 にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ 
スポンサーサイト
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
 
http://recommendedbooks.blog47.fc2.com/tb.php/14-35007ce9
ブログ内検索
FC2カウンター
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2017年11月 | 12月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


通信販売
Blogで紹介!
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。