おすすめ本

日頃読んでいる本を忘れないよう書き留めています。カテゴリに索引がありますので、そちらからどうぞ!
 
 
カテゴリー
リンク
グーパーウォーク
最近のコメント
最近のトラックバック
こどもの本

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベイジン 上 著:真山 仁 

立て続けに読み応えのある本にで会えました。今回は、真山氏のベイジンです。ベイジンとは、もちろん北京のことで、中国が舞台となります。北京オリンピック開幕に世界一の原発(原子力発電所)を運開しようとするシーンから始まります。

中国と言えば、何かとマイナスのイメージを捉える人が少なくないと思います。昨年はギョーザ毒入り事件を皮切りに、さまざまな食の問題が露呈しました。また、拝金主義が強く、賄賂などが横行する政治腐敗が蔓延している風景が、本書にも書かれています。
そんな中、政治を正そうとする一人の中国人が、日本の技術者とともに原発を作っていきます。



(あらすじ)
中国人である鄧は、文革によって追放され、幼い頃は河南省南東部での生活を余儀なくされた。しかし、大人になった今、中国共産党中央規律検査委員会に属し、綱紀粛正、腐敗防止をすすめる内部監査に携わっている。ここまで出世したのは妻の父の影響力が大きかった。鄧は愛し合う恋人がいたが、高い地位へ昇りつめるため今の妻と結婚した。権力を得る理由は、この理不尽な国、中国を正すためだった。そんな彼が、あるとき紅陽核電(原発)の責任者として辞令が受けた。しかし、責任者とは表向きで、使命は汚職取り締まりだった。
一方、日本人である田嶋は、予定していた嶺南原発の建設が中止され、これからどうしようかと考えていた矢先き、中国へ赴き技術顧問として指導する話が舞い込んできた。実は、前技術顧問が精神的に参ってしまい、ポストが空いたためだ。そのため、不安を抱えた状態での赴任だった。案の定、現場はずさんだった。工人は義務を果たさず権利だけを主張し、上は汚職まみれの利権争い、鋼材は仕様を満たさず、燃料の盗難は当たり前。あげくの果てに吹雪による災害で宿舎が倒壊し、死者が出る事故が発生。このような状態では、原発どころか火力発電も作れないと思った。
鄧と田嶋は、互いに苦手意識を持っていたが、それぞれの立場を主張しあいながら、オリンピック開幕前の運用開始に向けて工事を進めて行った。

いざ運開を始めようとしたところ、田嶋からストップがかかった。安全に不備があったからだ。しかし、鄧は認めず中国の面子に掛けて強引に運開を始めた。田嶋を拘束してまで・・・



先進国の一員となった中国が、面子に掛けて運用しようとした原発。実態は、技術が全く伴わず、二流、三流だった。そんな現実の中、田嶋がひたすら強い意志を持って中国を導いて行く姿は、かっこいいものです。また、鄧も汚職まみれの国を必死に正そうと姿もなかなかのものです。
しかし、見切り発車的に運用が開始されてしまった。その後どうなるのだろう。下巻が楽しみです。

ベイジン〈上〉ベイジン〈上〉
(2008/07/18)
真山 仁

商品詳細を見る

ブログランキングに参加しています。
みなさんの応援が継続の力となります。1クリック応援よろしくお願いします!

 にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

スポンサーサイト
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
 
http://recommendedbooks.blog47.fc2.com/tb.php/122-40cc9635
ブログ内検索
FC2カウンター
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2017年11月 | 12月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


通信販売
Blogで紹介!
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。