おすすめ本

日頃読んでいる本を忘れないよう書き留めています。カテゴリに索引がありますので、そちらからどうぞ!
 
 
カテゴリー
リンク
グーパーウォーク
最近のコメント
最近のトラックバック
こどもの本

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

絵本 おかあさん おかあさん おかあさん・・・ 作:大島 妙子 

この本を子供に読んであげた時、自分の子供の頃を思い出しました。一人での留守番、全然大丈夫と思っても、やっぱりおかあさんがいないと心細い。でも、親はそんな子供心を気にもしないで、留守番が終わった子供に普段通り接してくる。でも、このギャップが子供ながらうれしいのかも。



(あらすじ)
女の子が晩ご飯を残したのを見て、お母さんは風邪をひいたと思いお薬を探しました。でも、ご飯を残した理由は、ハンバーグがなまやけっぽかったから。結局お薬がなく、おかあさんは布団を引いて女の子を寝かせ、薬を買いに行きました。女の子は好きな人形たちといっしょに寝始めました。
はっ!途中であせびっしょりで目が覚めました。あれっ、電気がつかない。真っ暗でこわくなってきました。「おかあさ~ん。」窓を見ると人形たちが外を覗いています。雪が降っていました。吹雪です。おかあさん、大丈夫かな?どんどん、心配になってきます。おかあさん、おしゃべりだから雪のこと気づかず、いつまでもおしゃべりして雪だるまになっていないかな?それとも、サンダル履きでいったから、途中で転んでけがでもしてないかな?なんて、いろいろ。よし、おかあさんを迎えに行こう。と思ったとき、人形たちが、「ダメ!おかあさんは、僕たちが迎えに行く。」と言い、あっというまに見えなくなりました。
泣いて待っていると、おかあさんが帰ってきました。何事もなかったように。もちろん、雪なんかは降っていません。人形も窓の下に落ちていました。女の子は、布団の中に入り、お母さんが見ているテレビの音やれいぞうこを閉める音、おかあさんのはなうた。普段聞いているものが聞けて、すごく安心です。

おかあさんおかあさんおかあさん…おかあさんおかあさんおかあさん…
(2005/11)
大島 妙子

商品詳細を見る

ブログランキングに参加しています。
みなさんの応援が継続の力となります。1クリック応援よろしくお願いします!

 にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

スポンサーサイト
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
 
http://recommendedbooks.blog47.fc2.com/tb.php/117-517cec83
ブログ内検索
FC2カウンター
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2017年11月 | 12月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


通信販売
Blogで紹介!
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。