おすすめ本

日頃読んでいる本を忘れないよう書き留めています。カテゴリに索引がありますので、そちらからどうぞ!
 
 
カテゴリー
リンク
グーパーウォーク
最近のコメント
最近のトラックバック
こどもの本

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あぽやん【139回直木賞候補作品】 著:新野 剛志 

あぽとは空港のこと。エアポートのAPO。大航ツーリストの中で空港で働く人をあぽやんという。ただし、全員ではなく、閑職に甘んじたさえない社員。しかし、元々悪い意味ではなかったようだ。ツアーの出発点となる空港で、さまざまなトラブルを排し旅客を無事に送り出す空港のエキスパートを、賞賛を込めて呼んだ名だ。この本は、この新米あぽやんがさまざまなトラブル、職場事情を抱えながら成長していく姿を追ったものだ。

章毎に話は完結しているが、それぞれおもしろいテーマを題材にしており、場面場面であぽやんの苦悩や喜び、悲しみ、寂しさなどさまざまな感情が、的確に表現されています。あまりこういった小説を読まないのですが、この本は引き込まれて行きました。また、内容があまりに現実的で、自分の仕事は全く異なる業種ですが、すごく分かるような気がしました。特に、現場と本部の認識のギャップなんか。

今年の芥川賞「時が滲む朝」を読んだ後、ネットで直木賞は何かと探していたら、直木賞候補に「あぽやん」があり、おもしろそうと直感したので手に取ってみました。ということで、直感は当たっていたようです。

あぽやんあぽやん
(2008/04)
新野 剛志

商品詳細を見る

ブログランキングに参加しています。
みなさんの応援が継続の力となります。1クリック応援よろしくお願いします!

 にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

スポンサーサイト
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
 
http://recommendedbooks.blog47.fc2.com/tb.php/114-e2ff6b73
ブログ内検索
FC2カウンター
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2017年11月 | 12月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


通信販売
Blogで紹介!
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。